ひまわり動物病院
去勢・避妊について
トップページ
ライン
ご来院される皆様へ
ライン
子犬・子猫を飼い始めたら
ライン
ペットホテルの料金とご案内
ライン
トリミングの料金とご案内
メニュー
動物の避妊・去勢には様々な意見があり、必ず正しいという正解はありません。
動物にとって、自然のままの姿が望ましいのは当然のことですが、現在の生活環境を考えると、そうとばかりも言い切れないのが実情です。
子犬ができたとしても育てられない場合、母犬には出産によるつらさだけを与えることになりかねません。
そして、生まれた子たちが、野良犬や野良猫となり、不幸な生涯を送るのは、あまりにも忍びなく思います。

当然、手術を行えばリスクはゼロではありません。
しかし、避妊・去勢手術を行うことにより、大きく発生率が下がる病気も存在しています。
そのため、動物の命を大切に思うからこそ手術をしてあげたい、と考える人も多いです。
避妊・去勢に関しては、悩まれる方も多いと思いますが、些細な事柄でも気になることがありましたら、どうぞご相談ください。

去勢手術
雄の手術では、マーキングや、他の犬に激しく吠えたりする行動の抑制につながります。
また、雌の臭いに反応しての逃走や、発情期のストレス軽減にもつながります。
雄特有の病気である、前立腺疾患や肛門周囲線腫を予防することができます。
できれば、幼犬の時期に手術を済ませておくとよいでしょう。

避妊手術
雌犬で子供を産ませる予定が無い場合は、避妊手術をしておくと、乳腺腫瘍や子宮蓄膿症を予防することができます。
この二つの病気は、発生率も高く、とても危険な病気です。
また、性的ストレスを軽減することにより、寿命が延びる傾向にあります。

術後、太りやすくなるデメリットはありますが、食事管理や適度な運動で解決することができます。 できれば、幼犬の時期に手術を済ませておくとよいでしょう。
上に戻る