ひまわり動物病院
子犬・子猫を飼い始めたら
トップページ
ライン
ご来院される皆様へ
ライン
子犬・子猫を飼い始めたら
ライン
ペットホテルの料金とご案内
ライン
トリミングの料金とご案内
メニュー

ワクチンの接種についてフィラリヤ予防ノミ・ダニの予防予防について
子犬の場合  子猫の場合

ワンちゃんの場合
狂犬病のワクチンについて
狂犬病は、狂犬病ウイルスを病原体とするウイルス性の感染症で、犬あるいは動物だけの病気ではなく、人にも感染する恐れがあります。
このため、狂犬病のワクチンは、毎年の接種が義務となっています。
犬を飼っている皆様は、忘れずに接種させてあげましょう。

混合ワクチン
混合ワクチンの接種により、様々な病気を予防することができます。
ワクチンには種類があります。生活環境などにより、最適なワクチンを考えアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

ワクチン接種の時期
第1回 接種:6~8週齢
第2回 接種:9~11週齢
第3回 接種:12~14週齢
最後の接種が12~14週以降になるように接種します。
はじめて接種する成犬や、生後14周以上の子犬の場合は、4週間おきに2回接種します。
その後は、年1回接種していきます。
(当院で接種していただいた方には、「お知らせハガキ」をお届けします。)

予防できるのは、主に次の病気です。

犬のジステンパー
●高熱、目ヤニ、鼻水、食欲不振、服吐や下痢
●病気が進むと神経系がおかされマヒなどの後遺症が残る場合があります。
(死亡率の高い病気です)

犬パルボウイルス感染症
●激しい嘔吐、下痢、食欲不振、急激な衰弱
●重症になると、脱水症状が進み、短時間で死亡することもあります。伝染性の強い病気です。
(死亡率の高い病気です)

犬伝染性肝炎
●発熱、腹痛、嘔吐、下痢、目が白く濁る
●生後1年未満の子犬が感染すると、全く症状を示すことなく、突然死することがあります。

犬アデノウイルス2型感染症
●発熱、食欲不振、クシャミ、鼻水、短く乾いた咳がみられ、肺炎を起こすこともあります。
●他のウイルスとの混合感染により症状が重くなり、死亡率が高くなる呼吸器病です。

犬パラインフルエンザウイルス感染症
●カゼ症状がみられ、混合感染や二次感染が起こると重症になり死亡することもあリます。
●伝染性が非常に強い病気です。

犬コロナウイルス感染症
●成犬の場合は軽度の胃腸炎ですむことが多いのですが、子犬の場合は、嘔吐と重度の水溶性下痢を引き起こします。

犬レプトスピラ感染症 ~人間にも共通の伝染病です~
●イクテロヘモラジー型は、発熱、黄疸、歯肉からの出血などがあります。
●カニコーラ型は発熟、筋肉痛、脱水症状などが現れ、尿毒症になリ2~3日以内に死亡することがあります。
上に戻る